◆灸頭鍼法(きゅうとうしんほう)とは?

体の不調を全身的に診断する上で神経系は重要ですが、「全身的な熱の分布」というのも重要です。普通のお灸は熱い、痕が残るからと患者さんから敬遠されがちですが、灸頭針法は、針の頭に艾(もぐさ)を丸めたものをつけて、燃焼させます。(当院では、もぐさの代わりに臭いの少ない炭を使用します。)
皮膚下に刺入した鍼を通して、熱が皮膚下~筋肉まで入るので効果は大きいです。
灸頭針法により、深部にある筋肉が相当硬くなっている時にも効力は大きいですし、最近のストレス社会で脳の神経細胞に元気がないため集中力・記憶力・思考力が減少した時にも効果がみられます。